minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

よみがえる復刻版レコード

いまだに信じられないのだが、その音を聴くとレコード音がよみがえっている。

わたしは1930年代のSPレコードの復刻LPレコードを幾枚か所有しているが、

名演奏はともかくなんと言ってもザーザーというSP特有の音質の悪さに閉口してあまり聴く気がしなかった。

パソコンに付録のSonicStage Mastering Studioでお遊びがてらLPからCDに移し変えて驚いた。

ソニースタジオ

さすがにフルトヴェングラー交響曲などはうまくいかないが、器楽曲たとえばアルトゥール・ルービンシュタイン30代のショパン、フリッツ・クライスラーのヴァイオリンソナタの自作自演など、相当音量をあげてもつややかな音で聴こえる。

たまたま「ミッドナイト・イン・パリ」の映画を観て、1930年代そういえばクラシック音楽の世界も全盛期であった、と気づき、いたずら半分悪さをしての「瓢箪からコマ」であった。

そこでたしかニキシュ指揮のベルリンフィルの貴重テープがあったはず、と探し回るが出てこない。

贅沢な悩みとなった。