minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

「スカイフォール」帰ってきたジェームス・ボンド

sukaiforl.jpg

007の50周年記念映画だそうである。

なるほど「スカイフォールダニエル・クレイグのボンドの立ち振る舞いは初代ショーン・コネリーを彷彿とさせる。

処女作「ドクター・ノオ」でボンドが登場してからもう50年にもなるのか。

いま思えばおかしい、人民服姿の片腕のノオ博士、ドラゴンのような戦車、中国兵がバタバタ死ぬ。

どう見てもB級アクション映画。

人気を決定付けシリーズ化が決定したのは第2作の「007危機一髪」

主題歌「ロシアより愛を込めて」も名曲だった。

ジェームス・ボンドはこう言った。

世界のお金持ちというのはこんな贅沢をしているんだとか、

あるいは世界にはこんなに美人がいるんだとか、

いい男はモラル関係なしにいい女とどんどん寝ていいんだとか。

「007は二度死ぬ」では日本が舞台になると「日本も世界に認められてきたんだ」、

浜美枝が「ボンドガール」で出演すれば「日本にも美人はいるんだ」と、

今度のボンドカーはトヨタ2000GTだ、と。

振り返れば笑ってしまうような話だが、当時大人も子供も本気で手に汗握ったんだ。

ドクター・ノオ」から「スカイフォール」まで23本全部観た、という人は50年それなりの幸せな人生を送ってきた人たちといえる。

ともあれ、007シリーズは、世界をまたにかけての旅情アクション映画の元祖となった。

二匹目三匹目のドジョウは「ジェイソン・ボーンシリーズ」「MIシリーズ」と今日まで続く。

確かに「スカイフォール」はシリーズベスト5には入る。

しかし、あのラストには力が抜ける、という人も多い。

理由は簡単だ。

なぜ、ボンドガールが話のなかばであっけなく死んで、ディンチばあさんがラストまで出張っているのか。

彼女はボンドの上司Mではあるが、過去6作M役のディンチばあさんが一体どんな活躍をしたというんだ。

ぼくの脚本なら

ディンチばあさんは前半早々に殺されて、ヒロインはラストにボンドの腕の中で死ぬ。

なら観客は納得したんだ。