minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

メルビル「白鯨」という不条理劇

                        

白 鯨 MOBY DICK (冒 険 者 た ち / 因 縁 の 対 決) [DVD]白 鯨 MOBY DICK (冒 険 者 た ち / 因 縁 の 対 決) [DVD]
(2012/04/04)
ウィリアム・ハートイーサン・ホーク

商品詳細を見る

このブログをスターバックスで書いている。

シアトル生まれのこのコーヒーチェーン店の名前の由来は「白鯨」に登場する一等航海士「スターバック」からである。

ハーマン・メルビルといえば20年前、「代書人バートルビー」という奇妙な不条理小説をなかばあきれながら読んだ記憶がある。

映画「グレゴリー・ペックの白鯨」となかなか結びつかなかったが、このドラマでなるほどと了解した。

やはり同じ不条理劇だったのだ。

1840年当時の先住民や黒人、福音主義の牧師、従順な女性を描きつつ、当時のアメリカの拡張主義「フロンティアスピリッツ」への懐疑が描かれている。とくにインディアン、黒人への共感など考えられない時代であったはず。コンラッドの「闇の奥」を思わせる現代性がある。

ペリー来航は1854年だからメルビルが「白鯨」を書いていたころになる。

日本近海での捕鯨がさかんであったことと無関係ではない。

ストウ夫人の「アンクルトムの小屋」が発表されたのもこのころ、奴隷制反対運動や女性参政権運動「セネカフォールズ大会」があったのもこのころ、時代は動いていたのである。メルビルは鋭敏であった。

しかし、メルビルは生前まったく評価されなかった。ヨーロッパでカフカ登場まで待たなけれならない、早すぎた天才であったのだろう。