minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

映画「キリングショット」新人監督アーロン・ハーヴェイへの期待

imagesキリングショット

『キリング・ショット』(原題 :Catch.44)はグロテスクで不条理なB級映画です。

では観なければいいのですが、観て記憶に残しておいたほうがいいかもしれません。

それは新人監督アーロン・ハーヴェイがアメリカ映画ではめずらしいアート系こだわり監督のように見受けられるからです、青田買いで。

もちろんこのグロテスクな画面はクエンティン・タランティーノの「パルプフィクション」から。

赤い帽子の変なおじさんはヴィム・ヴェンダースの「パリテキサス」へのオマージュ。

パリテキサス

そしてリドリー・スコットの「テルマ&ルイーズ」を彷彿とさせる女性組。

したたかな脚本、音楽。

低予算のインディーズ映画でこれだけ見せればたいしたものです。

ダウンロードキリング