minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

ファンにはたまらない魅力「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~その1」

コリン・デクスター「主任警部モース」シリーズのファンとしては期待と不安で観始めた「エンデバー」ですが、

さすがに国民的作家の名誉を傷つけることのない重厚な作りで、まずは無事なスタート。

初恋に破れたばかりの屈折した青年モースをショーンエヴァンスが好演、若き日のモースはさもありなんと納得。

愛しのウェンディも後ろ姿でちょっとだけ。

監察医のマックスも初々しく登場し、思わず笑ってしまいました。

クラシック好きのモースですがまだモーツアルトやイタリアオペラファン、ワーグナーまではまだ到達していません。

ラスト、日本人なら誰でも知っているアリア「ある晴れた日に」の絶唱で幕を閉じるのもにくい演出で忘れがたいです。

脚本もよく出来ていて、デクスター好みの二転三転の展開とあっと驚く新犯人。

新米刑事モース

イギリスでシャーロック・ホームズを凌ぐ人気のモース警部。その新米刑事時代を描く。ショーンエヴァンス演じる若き日のモースが持ち前の推理力で事件解決に奮闘する。

 英国の作家コリン・デクスターが生み出し、“英国で最も好きな探偵”第1位に選ばれたこともあるモース警部。その人気はシャーロック・ホームズを凌ぐほどとの呼び声も。TV化した「主任警部モース」(DVD題「モース警部シリーズ」)は1987~2000年に全33話が作られ、日本でも人気を博した。本作は時代をさかのぼり、新米刑事時代のモースを描いた前日譚である正統派ミステリー。2012年1月から全英ITV1局で放送され、第1話はその時間にTVを見ていた人の4人に1人が視聴。根強いモース人気を証明した。原作者のデクスター自身がコンサルタントを務め、モースが既にクラシック音楽クロスワードパズルを好きだったり、「主任警部~」の脇役も顔を見せるなど、原点からモースの世界が展開。「主任警部~」でなかなか明かされなかったモースのファーストネーム、エンデバーを冒頭から明かすのもユニークだ。