minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛


サルトルとボーヴォワール 哲学と愛 [DVD]サルトルとボーヴォワール 哲学と愛 [DVD]
(2012/07/28)
アナ・ムグラリス、ロラン・ドイチェ

商品詳細を見る

ボーヴォワールを主人公にしたフェニミズム映画。

ただサルトルがベルリンにフッサールを訪ねたり、メルロ・ポンティが友人として登場したりと、サルトル実存主義生成過程がよくわかるという仕組み。

今日では同棲、契約結婚も珍しくないが、195、60年代のこの頃には契約結婚は衝撃的な出来事であった。

サルトルボーヴォワール一世風靡し世界中の若者の。こころをつかんだ。

いまでいえばジョン・レノンスティーブ・ジョブスへのあこがれのような浮き立つ気分があった。

当時、サルトルの小説『嘔吐』『存在と無』はインテリ青年のファッションであったが、さてどのくらい青年が実存主義をわがものにしていたのであろうか、疑問である。

戦勝国フランスの哲学者であったという幸運もあった。

実際ハイデッガーナチスとの関係を疑われ悶々とした日々を送っていた。サルトルの思想はある意味ハイデッガーのパクリでもあったのだから。

今日、サルトルを回顧する人は少ない。

現代はハイデッガーフッサール現象学の時代である。

たしかにボーヴォワールは美人ではあったが、映画のようなおしゃれな女性ではなかった。

もっぱら黒のセーターと黒のパンツスタイル。