minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

映画「奇跡のりんご」


奇跡のリンゴ DVD(2枚組)奇跡のリンゴ DVD(2枚組)
(2013/12/20)
阿部サダヲ菅野美穂

商品詳細を見る
以前NHKの特集番組で観たあのりんご農家のじいさんのセミドキュメンタリー映画でありました。

ラストで収穫した小さな「奇跡のりんご」食べたくなりますね。

自然農法農家にとって最大の課題は同じ集落の農家との折り合いであろうことは都会の人間にも理解できますが、

ほぼ現代にあって、電気のないランプ暮らし、食べる米さえない困窮な生活を、信念だけでよく続けられたものです。

その困難を家族が支えあって乗り越えるさまは壮絶の一語につきます、見てみないとわからないものです。

映画ですからこれでまだまだ抑えた表現なのでしょうが、事実はもっと悲惨なものだったのでしょう。

映画は、

原作が石川拓治『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』』

義父役の山崎勉がいいですね。

「これは戦争だ」と覚悟のほどを示します。

主人公は婿養子の立場ですから、義父の信頼と協力がなければ成功しなかったでしょう。

組合の会合で頭を下げます、田畑の半分を売りに出すことを了承します。

さて、わたしなら農家の跡取りとしてこんな婿養子を離縁せずに庇えるかどうか、考え込みますね。

【ストーリー】

1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。

美栄子は年に十数回も散布する農薬の影響で皮膚がかぶれ、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。

しかし、それは“神の領域"といわれるほど“絶対不可能"な栽培方法。数えきれない失敗を重ね、周囲の反対にあい、妻や3人の娘たちも十分な食事にありつけない極貧の生活を強いられる日々。

それでも諦めなかった秋則は、11年にわたる想像を絶する苦闘と絶望の果てに常識を覆すある“真実"を発見する―。

【スタッフ】

監督:中村義洋 原作:石川拓治「奇跡のリンゴ」(幻冬舎文庫) 脚本:吉田実似 中村義洋 音楽:久石 譲

【出演】

阿部サダヲ 菅野美穂 / 池内博之 笹野高史 伊武雅刀原田美枝子 / 山 努