minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

Dの挑戦 ドストエフスキーの方法

                       index ドストエフスキー

                     

     「悪霊」

「ニコライ・スタヴローギンは事実、部屋の中にはいっていた。彼はごく静かに部屋にはいってくると、一瞬戸口で立ちどまり、もの静かな眼差しで一座をみわたした。」

やっと出てきたか、と言いたいけど、スタヴローギンの登場で物語は動き出す。

さて、ドストエフスキーをどう読むか、ヒントは三つある。

(ヒントその1)

ミハイル・バフチンドストエフスキー小説の特徴を、

「自らの意思と声を持つ、自立的な存在としての登場人物を設定し、

相違なる思想同士の、事件に満ちたポリフォニー(多声楽)のような対話が実現している。

そのジャンルは民衆的な笑いの文芸、カーニバルにたどりつく。」と述べている。

(ヒントその2)

ドストエフスキーは世界中文学中もっとも偉大な小説としてセルヴァンテスの「ドン・キホーテ」を挙げ、理想としている。

実際の事件をヒントに空想のつばさを広げる、まさに近松浄瑠璃なのだ。おおいに笑えばいい、泣けばいい。

(ヒントその3)

「ぼくは、世界発見の有力な方法のひとつが物語であると思っています。

物語はコードの塊ですから、混乱している状況をある人はこういうふうに見ました、となると、自然に物語になってしまいます。

だから、物語の中には、発見と発表の方法が一緒になってるわけです。

ただ、世の中には使い古された物語がいっぱいあって、それによりかかっているとだめで、まず、こういう話です、ということをお客さんと契約していくわけですね。

もっともその通りになってしまうと、実に質の悪い予定調和のアホな芝居になってしまう。

そこでお客さんと最初に契約を取り交わしておいて、これはこういう話ですと言っておいて、お客さんがそのコードを、芝居の文法を、そうかこれだ、と呑み込んだところで少しずつずらして行く。

最初に提供した物語の文法Aを少しずつずらして行くのです。

同時に、前もって、こっそり,もう一つ文法Bを用意して、伏線を張っておき、ずらした物語の文法AをBに乗り換える。

つまりこれが例のどんでん返しです。

つまり観客と絶えず契約を結びつつ、その契約を、第二、第三の契約へ巧みに更新して行く。これがつまりは物語というものだと考えています。

この契約を価値観あるいは世界観と言い換えてもいい。」(井上ひさし 戯曲の作法)