minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

ヨシフ・ブロツキー ヴェネチア その1)

futta0313m(1).jpg

                  

ヴェネツィア 水の迷宮の夢ヴェネツィア 水の迷宮の夢
(1996/01/17)
ヨシフ・ブロツキー

商品詳細を見る

 

ヴィスコンティの映画「ベニスに死す」に触発されて、ヴェネチアにかかわるさまざまなイメージを思い出している。

この町の美しさ、すぐにヨシフ・ブロツキイの短編小説「ウォーターマーク ヴェネチアが思い浮かぶ。

その終章

「繰り返してみよう。

水は時であり、美に、みずからの分身を与えてくれる。

ぼくらも一部は水であり、ぼくらもまたそのようにして美に仕える。

この町は水をこすって、時の容貌まで改良する。

それこそが宇宙の中の、この町の役割である。

ぼくらは動くのに町は動かないからだ。

涙がその証拠だ。ぼくらは去り、美はとどまるからだ。」

そのまま映画「ベニスに死す」のラストシーンといっていい。

わたしにはロシアの詩人ブロツキイの詩がなじめないが、この散文は心に響く。

ここで、彼を主人公とする有名な「文学裁判」を紹介しておこう。

ロシア亡命者ヨシフ・ブロツキイ、彼は何者なのか。

1963年12月、詩人ブロツキイは定職につかない有害な「徒食者」として逮捕され、レニングラードで裁判にかけられた。

裁判官「いったい、あなたの職業は何です?」

ブロツキイ「詩人です。詩人で翻訳もします」

裁判官「誰があなたを詩人と認めたんです?誰があなたを詩人のひとりに加えたんです? 」

ブロツキイ「誰も。じゃあ、誰がぼくを人間のひとりに加えたっていうんです?」

裁判官「でも、あなたはそれを勉強したんですか?」

ブロツキイ「何を?」

裁判官「詩人になるための勉強ですよ。そういうことを教え、人材を養成する学校に、あなたは行こうとしなかったでしょう・・・・」

ブロツキイ「考えてもみませんでした・・・・そんなことが教育で得られるだなんて」

裁判官「じゃあ、どうしたら得られると思うんです?」

ブロツキイ「ぼくの考えでは、それは・・・・神に与えられるものです」

                              (引用 沼野充義訳)


私人―ノーベル賞受賞講演私人―ノーベル賞受賞講演
(1996/11)
ヨシフ ブロツキイ

商品詳細を見る

水月橋辺水月秋 水光月色共悠々

 我心如水還如月 月落水流流不流

 (水月橋のほとりの水と月の秋 水の光と月の色と、共に悠々

  わが心水の如く、また月の如し、月落ち水流れ、流れて流れず)

元政上人「草山集」