minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

リリー・クラウスのモーツァルト

モーツァルト聴きはやっぱりオペラがいいという人、河上徹太郎。やっぱり交響曲がいいという人、小林秀雄

好みはいろいろ、ざっと平均に直すとピアノ協奏曲がいい、という人が多い、わたしもその一人。

ではだれの演奏がいいの?となるとこれも好み。

天真爛漫、いかにもモーツァルト弾き、なのがリリー・クラウス

                002_convert_20121128125547.jpg

CDやブルーレイ全盛の時代にあってアナログレコードファンです。

集めたレコードを粗末に扱えない、という貧乏性も手伝って、いまだにレコードに針を落としています。

モーツァルトを「疾走する悲しみ」と評した人もいるけど、わたしには中島敦の「天上の音楽、ただ美しい」がぴったり、ただただ聞き惚れるのです。