minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

映画「夜叉」


夜叉【Blu-ray】夜叉【Blu-ray】
(2012/08/22)
高倉健、田中裕子 他

商品詳細を見る

映画だけ観てくれ、と私生活を全く見せなかった映画俳優は「渥美清」と「高倉健」だけでしょう。

ふつう世間に顔をさらしてなんぼのお仕事でしょうから、相当きつい生き方やと思いますが大した人たちです。

さて、

テレビの追悼番組では健さんの代表作は大体見せてくれましたが、高倉健のこの一本は、問われれば「夜叉」でしょう。

わたしには、おおむね2時間というしばりのなかで、起承転結をわかりやすく楽しませて「うまいなー」と映画館を出ていけた快感が残ったのが「夜叉」でした。だれもが「健さんカッコえかったなー」と声掛け合って幸せそうな顔をしていました。

もちろんそこには周到な監督の計算、いい脚本、木村大作の映像、健さんのオーラを浴びた出演者たちの好演があってのことのでしょうが、ただ「えかったなー」のひとことで見終わる映画が最高の作品なのかもしれません。

賞にはあまり縁のない娯楽作品でしたが高倉健さんを記憶にとどめる名作でした。(合掌)

あらすじ

背中一面に彫られた刺青から「人斬り夜叉」と呼ばれた、大阪・ミナミの伝説の男、修治は、女の為にヤクザから足を洗い、若狭湾に面した小さな港町で漁師となって妻子と暮らして15年。ある冬のこと、ミナミから螢子という女が流れてきて小さな居酒屋「螢」を開く。螢子の都会の刺激と香りに満ちた妖しい魅力に男の心が揺れ動く。しばらくして、螢子のヒモでシャブ中のヤクザ、矢島が現れる。矢島が漁師仲間たちを相手に覚醒剤を売っているのを知る。覚醒剤を処分した蛍子を矢島が追いかけ、修治が守る。螢子に矢島を助けてほしいと言われ、ミナミに。そして、修治の中の夜叉が蘇る…。(引用 Wikipedia