minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

「哲学者の密室」笠井潔 痛烈なハイデガー批判

kasai.jpg

 

 

笠井潔さんの、10年という時間、2000ページ、まさに渾身の傑作本格ミステリー小説であるが、

 

残念ながら商業的には成功していない。(もちろん作家にはそんな目論見はない)

 

なぜか。

 

まず第一に、

 

ドイツ哲学の巨人ハイデッガーが小説ではマルティン・ハルバッハと仮名で登場する。

 

今回、名探偵矢吹駆が迫るのはマルティン・ハルバッハの大著「実存と時間」未完の謎であるが、

 

いうまでもなくそれはハイデッガー存在と時間」未完の謎である。

 

と、いわれてもそもそも「存在と時間」を読んでいるミステリーファンは多くはないだろうし、

 

ましてハイデッガー存在と時間」未完の謎に関心のある読者はさらに少ない。

 

ただ、それが第二次大戦中ナチス党の協力者ではなかったかと、指揮者のフルトヴェングラーと哲学者ハイデッガーが疑われた事件と関わりがある。結局のところ戦後西側世界での有用性で無罪となったが、フルトヴェングラーは自殺し、ハイデッガーは主著「存在と時間」がまったく書けなくなった。

 

笠井潔さんは本書で痛烈なハイデッガー批判をしているが、それはほぼ史実に正しい。(ただ哲学者仲間では今日もタブーである)

 

さらに、

 

一編のミステリーで2000ページという物量となればふつう読者はたじろぐだろうし、読み始めるには相当の深呼吸がいる。

 

まあ最長不倒記録にのぞんだと思えば、その完走の達成感は尋常ではないが。

 

 

肝心のミステリーは2件の密室殺人事件である。

 

密室殺人トリックの解明がダブル挑戦である。

 

親切に密室の精緻な見取り図がそれぞれ示されているが、その親切があだとなって読者はさらに混乱する。

 

 

最後にダメ押し。

 

名探偵矢吹駆くんの推理は「現象学的直観」によるのであるが、

 

この「フッサール現象学」理解が一般人にはじつに難しい。

 

ちなみに本屋でフッサール著作を一冊でも手に取ってみるといい、まずチンプンカンプンであることを請け合う。

 

現象学のテキストでよいものがない。

 

しかし皮肉にも、この矢吹駆くんシリーズが最良の入門テキストであるということになる。

 

 

つまり、息も絶え絶えに読み切れば恐るべき名著であることがわかる、という次第。