minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

「サマー・アポカリプス」笠井潔 異端カタリ派の呪いか?

モンセギュール

「昨日ジゼールは、黄昏時にモンセギュールの城跡を散歩していた。

観光客の足も途絶えた人気のない石の廃墟に一人いると、

まるで痺れるような畏怖の感覚の海に沈んでいきそうになる。」   

南フランスアリエージュ県モンセギュール村、スペイン国境に近い盆地。

ふつう観光客は、南仏といえばアルルからエクスプロバンス経由で地中海に出る。

中世の故事がなければ誰も知らない村である。

殺人事件はこの村の山荘で起こった。

「老人の前頭部は完全に砕かれていた。

・・・しかも、老人の心臓には、一本の矢が深々と突き通っているのだ。」

『被害者は二度殺されている』

「モンセギュールといえば、13世紀、カタリ派(アルビジョワ派)討伐のためのアルビジョワ十字軍が組織され、トゥールーズ伯レモン6世は降伏を余儀なくされた。こうして政治的保護を失ったカタリ派の勢力は、モンセギュールの山頂に拠点として抵抗を続けた。1244年3月16日十字軍勢力はバスク山岳兵を用いて砦を陥落させ、籠城していた200名以上のカタリ派の信徒を火刑に処した。」(Wikipediaより引用)

今回カケルくんは、事件の背後に宗教問題があるのではないか、と推理する。

ローマカトリックの「豊穣」かカタリ派の「清貧」か、さらにカタリ派が残したとされる財宝探索というおまけが付く。

ウンベルト・エーコ薔薇の名前』の「清貧論争」的雰囲気がいい。

モンセギュールの攻防については佐藤賢一さんの「オクシタニア」に詳しい。

オクシタニア