minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

北方謙三「水滸伝」五巻

5水滸伝

意外な展開である。

楊志が早々に死ぬ。

まだ宋江梁山泊に入っていない。

「死は誰にもやってくる。晁蓋は、そう思った。

早いか遅いかの違いだけで、人はみな土に還る。

だから、嘆くことはない。

死者のために、生き残った者ができることは、なにもないのだ。

忘れない。ただそれだけいい」

北方水滸伝の魅力は、なんといってもその熱い語り口であろう。

1959年のキューバ革命を意識しながら、ゲバラ晁蓋に、カストロ宋江に模して書き上げた、という。

1960年代後半の全共闘運動に身をおいていた著者のリアルな体験が、異様な熱気を発散させている。

水滸伝から楊令伝へ、そして岳飛伝へと続く大水滸伝北方謙三さんの青春時代へのオマージュ、

だから熱い、同時代を共に生きた読者の胸に堪える。