minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

ジャクリーヌ・デュ・プレ(奇跡のチェリスト)


ジャクリーヌ・デュ・プレの想い出 [DVD]ジャクリーヌ・デュ・プレの想い出 [DVD]
(2005/09/14)
デュ・プレ(ジャクリーヌ)

商品詳細を見る

ひさしぶりにジャクリーデュ・プレのシューベルト「ます」のビデオを観ている。

1969年ロンドン公演の記録である。

当時、デュ・プレ24歳、新婚の夫ダニエル・バレンボイムは27歳、共にしあわせの絶頂期の映像である。

ヴァイオリンはイツァーク・パールマン24歳。

ヴィオラを21歳のピンカス・ズーカーマン

最年長33歳のズービン・メータはコントラバスを受け持っている。

若き天才たちの溌剌たる演奏は観るものの胸を熱くさせるが、また悲しみも深くさせる。

カザルスの再来とまでいわれたジャクリーヌ・デュ・プレは16歳でデビュー。

それからわずか10年の演奏活動ののち多発性硬化症にかかり闘病生活に入り、

1987年42歳でこの世を去った、悲劇のチェリストである。

映画に『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』(Hilary and Jackie)(1998年に制作されたイギリス映画。天才チェリストジャクリーヌ・デュ・プレの伝記映画。)というのがあるが死者を鞭打つ不愉快な映画であった。彼女をよく知るイツァーク・パールマンピンカス・ズーカーマンらが映画会社に抗議している。

ちなみにピアノ五重奏曲「ます」はシューベルト22歳の作曲、青春の真っ盛りであった。

若者たちの純真無垢なこの演奏こそふさわしい。