minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

中村勘三郎 日本舞踊のゆくえ(その3)

2012年12月27日中村勘三郎さんの本葬が営まれた。

哀悼の意を込めて勘三郎さん回顧の話題から。

       中村勘三郎

稀代の名優、そしてクリエーターとしての中村勘三郎さんの人気に、歌舞伎という演劇の本質がよく現れていますが、それはのちほど。

まずは勘三郎賛歌から。

わたしの観た勘三郎舞台では『梅雨小袖昔八丈』の髪結新三、「与話情浮名横櫛」の「蝙蝠安」がよかった、いずれも小悪党役ですがあたり芸だったように思います。

どちらかと言うと「時代もの」より「世話もの」舞台のほうが生き生きしていたように感じました。根が江戸っこなんでしょうね、べらんめえ調です。

とくに与三郎を片岡仁左衛門、お富を坂東玉三郎、蝙蝠安を勘三郎勘九郎)が演じた「与話情浮名横櫛」は名舞台としてつとに有名ですが、三枚目役「蝙蝠安」の勘九郎仁左衛門玉三郎の間に分け入って、三人芝居にしてしまった。思わずうまいなあ、とうなりました。

                    与話情浮名横櫛

   

リエータ中村勘三郎さんnの舞台は、なんといっても平成16年7月のニューヨークでの『夏祭浪花鑑』の上演と成功でしょう。

その成功を世間ではコクーン歌舞伎の延長線ととらえていますが、

わたしは、1996年5月の勘九郎時代、硫黄島での「俊寛」公演の自信が大きかった、とみています。

芝居としては必ずしも成功ではなかったと思いますが、太平洋という青天井、ふちなしの砂浜舞台、岬での絶唱は、勘三郎さんを歌舞伎役者として成長させました。

この困難さに比べればニューヨーク公演はまだ楽な舞台だったのではないでしょうか。

ともあれ公平でシビアなニューヨークの批評家たちが絶賛しました。

何度みても、あの幕切れのニューヨーク市警による「押し戻し」には驚きます。

         ニューヨークタイムス記事