minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

映画「ジャッジ・ドレッド 」バイオレンスの美学

ダウンロードジャッジドレッド

バイオレンスの美学、暴力シーンを美しく見せる、

普通に考えるとおぞましい発想ですがまあ映画での話、よしとしましょう。

はじまりはサム・ペキンパーの「ワイルドバンチ」あたりから、その後はそんな手があったのかと、われもわれもとスローモーションでストップモーションでとバイオレンスの美学花ざかりとなりました。

本当はもっと前、おそらく黒澤明の「七人の侍」の発明かな?。

さて「ジャッジ・ドレッド 」話はじつにシンプル。

ジャッジ・ドレッド、警察、検察、裁判官、執行官をひとりで兼ねて「死刑」といえばすぐ執行。

200階建てのビルに立てこもるマフィアたち、その女ボスを情け容赦なくやっつける、というお話。

つまり「バイオレンスの美学、暴力シーンを美しく見せる」ただそれだけ、です、となると、

どんどんエスカレートするんです。

で、バイオレンスの美学のはずがグロテスクになっていきます。

観客が吐き気をもよおすほどになりますと、

失敗作となります。

けっきょく、この映画売れなくて続編は未定。

ただマニアックなファンの間ではじつに評判のいいお宝作品となっています。

そこはよくわからない。