minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

「項羽と劉邦」の楽しみ(10)項羽,鉅鹿(きょろく)へ

項羽と劉邦4

WOWOW 毎週土曜午前9:00(2話ずつ放送)

このドラマのおもしろさは、歴史劇のなかで「なるほど、そうだったのか」とうならせるリアリティが散見することでしょう。

劉邦がわずかな手勢で別働隊として関中を目指すのは、秦軍の本体との戦いを恐れて嫌い、加えて懐王から関中に一番乗りすれば関中王に任ずるとの甘言にのったからですが、

なんとも小心で姑息な劉邦という男の正体をあぶりだしています。

一方の項羽は宋義を殺し、秦軍の猛蔣章邯(しょうかん)に果敢に挑戦します。

英雄といえば項羽でしょう、情けない男の見本みたいな劉邦が漢の高祖となるとは、歴史の皮肉、偶然のなせる業でしょう。

劉邦を警戒するのは范増だけです、項羽は歯牙にもかけません。

「なるほど、そうだろう」と納得の展開ではあります。