minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

凍氷 ジェイムズ・トンプソン


凍氷 (集英社文庫)凍氷 (集英社文庫)
(2014/02/20)
ジェイムズ・トンプソン

商品詳細を見る

極夜 カーモスの続編です。舞台はヘルシンキ、マイナス10度と暖かくなりました。

妻ケイトの希望通りヘルシンキへ移動となったカリ・ヴァーラ警部は猟奇的殺人事件の捜査、加えて第二次大戦中にフィンランドでもユダヤ人虐殺があったのではないかとの調査を内閣府から依頼される。

あいかわらずカリ・ヴァーラ警部の体は痛々しいが、さらにケイトの妹と弟がアメリカからやってくる。アメリカ疲れのフィンランド贔屓の兄弟たち。一見寄り道のような挿話で、なんでこんな展開にと思いますが、

どっこい、こんな話題でも差し込まなければ耐えられないフィンランドのシリアスな歴史がテーマ。

1930年から続くいわゆる継続戦争とその間のユダヤ人虐殺の可能性に言及しています

著者はフィンランド在住のアメリカ人、だから書けた、生粋のフィンランド人には絶対書けない話。

フィンランドでの評判はどうだったのだろうと気になる所です。

前作に続く傑作ミステリー、北欧ミステリーの快進撃は続きます。

フィンランドはユダヤ人虐殺に加担したか―歴史の極秘調査ともみ消しの指令を受けたカリ・ヴァーラ警部。ヘルシンキで起きたロシア人富豪妻の拷問死事件の捜査においても警察上層部から圧力がかかる。さらにカリを襲うのは原因不明の頭痛。妻のケイトは彼を心配するが、臨月を迎えた妻をこれ以上不安にさせることはできない…。激痛に耐えながら挑んだその結末とは?好評極寒ミステリ第2弾!