minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

「森を抜ける道」コリン・デクスター

WOWOW8/31(土)午後2:00でスタート「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~

新米刑事モース~オックスフォード事件簿

わたしを見つけて、スウェーデンの娘を

わたしを蔽う凍った外被をとかして

青空を映す水を乾かし

わたしの永遠のテントを広げて」

               A・オースチン(1853-87)

この詩がキドリントンのテムズ・バレイ警察に届き、1年前のスウェーデン人女子学生事件の再捜査が始まる。

事件担当のジョンソン主任警部にストレンジ警視が言う。

「人はときとして間違った理由から正しいことをすることがある。

しかしモースはどうか?

彼はむしろ正しい理由から間違ったことをすることが多い。

正しい理由とは・・・わかるな?

だから彼がときどき飲みすぎるとしても・・・」

「モースに事件を担当させたいということですか?」

「うむ、そのほうがいいと思う」ストレンジは言った。

森を抜ける道」コリン・デクスター

デクスターのモース主任警部シリーズ第十作「森を抜ける道」は読者のどんな名推理も追いつかない傑作推理小説です。

本書でデクスター氏は再びゴールド・ダガー賞を受賞しました。

名実ともにイギリスの推理小説家としてコナン・ドイルアガサ・クリスティのすぐ横の椅子に鎮座することとなりました。

WOWOW8/31(土)午後2:00でスタートする「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~」が話題なのもイギリスにおけるモース警部の衰えない人気ぶりにささえられています。

「森を抜ける道」エピローグ最後の行

「彼の住所はおわかりですか?」秘書が訊いた。

「いや、キドリントンの警察本部(E・モース)あてに出してくれ、それでいい」

「このイニシャルは・・・なんの略かご存知ですか?」

「”E”か?」

編集長はちょっと考えた。

「うーん、いや、わからん。誰も知るまい」  (完)

 英国の作家コリン・デクスターが生み出し、“英国で最も好きな探偵”第1位に選ばれたこともあるモース警部。その人気はシャーロック・ホームズを凌ぐほどとの呼び声も。TV化した「主任警部モース」(DVD題「モース警部シリーズ」)は1987~2000年に全33話が作られ、日本でも人気を博した。本作は時代をさかのぼり、新米刑事時代のモースを描いた前日譚である正統派ミステリー。2012年1月から全英ITV1局で放送され、第1話はその時間にTVを見ていた人の4人に1人が視聴。根強いモース人気を証明した。原作者のデクスター自身がコンサルタントを務め、モースが既にクラシック音楽クロスワードパズルを好きだったり、「主任警部~」の脇役も顔を見せるなど、原点からモースの世界が展開。「主任警部~」でなかなか明かされなかったモースのファーストネーム、エンデバーを冒頭から明かすのもユニークだ