minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

浅見光彦アーカイブス(3)赤い雲伝説殺人事件

「ここに来て気付いたのだけれど、いたるところに立つ看板ですね。

推進派と反対派では『原子力発電所』という言葉に対する表現の仕方が違うのですね。

推進派は『原電』といい、反対派は『原発』といっています。」


赤い雲伝説殺人事件 (廣済堂文庫)赤い雲伝説殺人事件 (廣済堂文庫)
(2010/03/13)
内田 康夫

商品詳細を見る

「赤い雲伝説殺人事件」は浅田光彦シリーズの第三作、1983年の発表です。

素人画家・小松美保子の「赤い雲」を買った老人が東京のホテルで殺され、絵が盗まれる。

絵は瀬戸内海の小島「寿島」描いたもの、ところがその島は原発誘致問題に揺れていた。

この「岬の町大網町」と「寿島」のモデルは、原発建設問題で揺れる山口県上関町と祝島である、と作者は言っています。

2013年の現在、上関町は推進に傾いているが、一方の当事者中国電力福島原発の事故を受けて及び腰となり、建設の目処は立っていません。

30年前の作品でありますが、内田康夫さんの恐るべき慧眼と言わねばならないでしょう。

辛らつな批評家としても有名な吉本隆明さんが「浅田光彦シリーズ」のファンと聞きますが、娯楽としての一読者であるとしても、

好感をもたれるのはこういう作品があるからなのでしょう。