minerva2050 午後の愉しみ

個人の記録用ブログです。著作権に配慮していますがお気づきの点がありましたらご連絡ください。 連絡先suzunoya21@gmail.com

ヴィスコンティの美学(2)ヴェニスに死す

                     

ブロマイド写真★映画『ベニスに死す』タジオ(ビョルン・アンドレセン)/カラー/頬づえブロマイド写真★映画『ベニスに死す』タジオ(ビョルン・アンドレセン)/カラー/頬づえ
()
不明

商品詳細を見る
         

百年(ももとせ)に一年(ひととせ)足らぬつくも髪

  われを恋ふらし面影に見ゆ   (伊勢物語 六十三段) 

ヴィスコンティの「イノセント」に次ぐ傑作。

前作の「地獄に堕ちた勇者ども」と次作「ルードリィヒ」の三作品でドイツ三部作といわれているが、ヴィスコンティ自身はトーマス・マンの「魔の山」を映像化してドイツ四部作にしたかった、と聞く。

ヴィスコンティは主人公を作家からマーラーとおぼしき作曲家に脚色し、原作と印象は違うが「時間の文学」というマンの思想を的確に映像化している。

それを一言でいえばエントロピーの法則といえる。散逸構造体でないかぎりすべては死に向かう、崩壊するということ、文学的にいえばデガダンスの極致である。

気がつかぬことだが、冒頭の老朽船にある「エスメラルダ」の名が暗示するもの、映画の全編をつらぬくテーマになっている。